あなたの読者が本当に読みたい内容とは?「ニーズ階層」から考える電子書籍


 電子書籍を書く前に、「あなたの読者はどのような書籍を読みたいと思っているのか?」「どういう情報を欲しいのか?」と言ったことを考える事が大切だ。

 同じ分野でも訴求するポイントが違えば、ターゲットとなる読者も変わる。著者だけの一人よがりの書籍は魅力が減ってしまう。常に、書籍を読む読者の事を忘れてはいけない。

 そこで今回は「ニーズ階層」から、電子書籍を捉えてみよう。

ニーズ階層から考える電子書籍

 ニーズ階層で考えると顧客の欲求は以下のようになる。

(1)生理的欲求

 生理的欲求とは生きていく上で必要最低限な欲求の事だ。
 例えば、「質の良い睡眠を取り入れる方法」と言う書籍なら、生理的欲求がある人の欲求を満たす書籍となる。
 

(2)安全欲求

 安全欲求とは安全に安心して生活したい欲求の事だ。
 例えば、「健康な体を手に入れる為の食事レシピ集」と言う書籍なら、安全欲求がある人の欲求を満たす書籍となる。

(3)社会的(愛情)欲求

 社会的(愛情)欲求とは他者に受け入れられ集団に属していたい欲求の事だ。
 例えば、「相手を味方にする心理メソッド」と言う書籍なら、社会的(愛情)欲求がある人の欲求を満たす書籍となる。

(4)尊敬(承認)欲求

 尊敬(承認)欲求とは他者や社会から価値ある存在だと認められ尊重されたい欲求の事だ。
 例えば、「あなたにもできる!営業成功術」と言う書籍なら、尊敬(承認)欲求がある人の欲求を満たす書籍となる。

(5)自己実現欲求

 自己実現欲求とは自分の可能性を最大限に引き出し、創造的に自己を成長させたい欲求の事だ。
 例えば、「あなたの特技をビジネスに変える方法」と言う書籍なら、自己実現欲求がある人の欲求を満たす書籍となる。

ニーズが無ければ売れない

 以上のように欲求に合わせて考えた電子書籍を作る事で顧客が望む欲求とマッチする。

 幾ら良い内容でもニーズが無ければ、買ってもらう事は難しい。
 その点を考慮すれば、あなたの電子書籍は必ず読者に受け入れてもらえるはずだ。


この記事の著者

米倉実希

米倉実希レイクラウド代表。EWA公認1級エストリビューター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。

8年に渡り現場の第一線で販売心理学や販売オペレーション、流通システムを学び実践。その後、起業・開業に特化したコンサルティング業、文筆業に従事。同時に、電子出版支援業を行いつつ、独自の経験・視点をもとに電子書籍マーケティングを追究している。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る